| ソニー坊やって、何よ? | 登場人物 | 事の発端 | 活動場所 | 捜査日誌 | タレコミ板 | 非番の日 | Special Thanks |
2003年1月23日 昼下がり 捜査本部長より  
「前はあの場所にあったけど、今はなくなってる」という記憶はない?
ソニー関係者も、当時を知る人はいないようだし…
※この日、捜査本部長は浦添のソニー沖縄営業所に問い合わせた

 
2003年1月23日 夕方〜夜 主任捜査官  

以前、週刊レキオでソニー坊やの特集をしていましたけど、本部長は覚えらっしゃいますか?
ただ、週刊レキオ社のサイトではバックナンバーを確認する事が出来なかったので、 常駐先からの帰り道に浦添市立図書館に行ってみようかなと思っています。

 :
 :

常駐先から直行で浦添市立図書館に行ってみました。
開館が19:00までだったので、調べられたのは実質30分間だけでした。
しかも、創刊号から揃っている訳ではなく、1997年の分からしか調べる事が出来ませんでした、申し訳ありません。このままだと悔しいので、今週末、那覇市立図書館か県立図書館でゆっくり調べてみたいと思います。

※当時、主任捜査官はデザイナー兼CADオペレータとして沖縄設計サービス(株)に常駐

 
2003年1月28日 過労がたたって会社でぶっ倒れた主任捜査官  
常駐先を休んだついでに那覇市立図書館でレキオのバックナンバーを調べていました。
が、このままバックナンバーをひとつひとつ確認していくのは効率が悪いと判断し、直接週刊レキオ社に問い合わせてみました。
そうすると、先方のパソコンの調子が悪くて、今日中には返事出来ないとの事。
先方での確認が取れ次第、連絡下さると約束して下さいました。
既になくなってしまっている5体に関する情報が載っているかどうかは判らないのですが、やるだけやってみます。
※もともとフリーのイラストレーターの主任捜査官、当時、某不動産会社のマンション広告で4コマまんがの連載を抱えており、連日の徹夜がたたって倒れた訳だが、病院に行ったついでに那覇市立図書館に出かけたという...無茶と言われても仕方がない。

 
2003年1月29日 9:58AM (株)週刊レキオ社 Oさんからの留守電  
昨日のお問い合わせの件ですが、88年2月5日付けの149号です。よろしくお願いします ※部署内の規則が非常に厳しく、携帯電話を取る事が出来なかった。きちんと留守番電話にメッセージを残してくれた(株)週間レキオ社のOさんに感謝。

 
2003年1月29日 酒飲みモードの主任捜査官  
捜査本部長、意外な展開がありました!!
1.週刊レキオから返事が来ました
特集が組まれたのは、1988年2月5日 149号。
市立図書館に所蔵されているバックナンバーが97年以降という事を考えると、
週間レキオに直接問い合わせたのは正しかったようです。あとは県立図書館?
ちなみに1988年当時、私は高校1年生でした。あらためて自分の記憶力に感動(笑)

2.実家の父に聞いてみた
  「もしかしたら昔、泊交差点にもあったんじゃないかな?(超うろ覚え)」
  
3.もう一度、実家の父に聞いてみた。
「探すなら、公安委員会とか地元の警察に聞けば一発でしょ。道路に構造物を設置する時は、警察と役所の土木課とか道路管理課に届け出る訳だから、履歴が残っているはずだよ」
※主任捜査官、この頃から本格的にソニー坊や捜しにのめり込む事になる。

 
2003年1月30日 捜査本部長からのアドバイス
 

西原は製糖工場内、宜野湾のはタクシー会社構内の角に立てて道路に面している状態。名城ビーチのは、完全にビーチ内だから…現在残っているので、道路(歩道)に立っているのは、本部と具志川のだから、確率的には道路のほうが少ないのかも?

※主任捜査官の父の助言に対して、捜査本部長は座布団10枚を進呈しました(笑)


 
2003年7月25日 会社都合で休職中。就職活動準備に入った主任捜査官  

ハローワークに行きつつ、県立図書館でソニー坊やな記事が載っているレキオのバックナンバーを確認してきました。さすが県立図書館、創刊号からきちんと所蔵していました。
A3コピー2枚をPDFでまとめておきました。
1988年当時の記事では「現存するソニー坊や像は、6体」とあります。
まず、今帰仁の仲原馬場の近くにあるような事が書かれているんです。
あと、本部のソニー坊やに関しては記事では「謝花入口近く」とあるのですが、現在は浦崎の国道505号線沿いにあるんですよね?となると、ここで私が気になったのは2つです。
1.今帰仁の物は、既に確認されている5体以外の物なのかどうか
2.やはり現存5体で、過去にあった場所が1箇所確認されたという事なのか
また、佐敷にも存在していたらしい事が書かれています。
そうなると、2.は「1箇所」ではなく「2箇所」という事になるのでしょうか?
確認しに行きたいのはやまやまですが、(いくら何でも原付で)今帰仁には行けません..。
そんな訳で、久々の捜査報告でした。
追伸
図書館では、捜査本部長の著作物も2Fの郷土資料室で確認しました。

※主任捜査官の当時の職場の同僚達がいち早く就職活動をしていた事を知らず、大慌てでハローワークに行き就職活動をしたら、転職1番ノリだった。

 
2003年9月7日 実力行使に出た主任捜査官からの報告  
捜査本部長!!
例の「ペンキがはげてボロボロな(名城ビーチの)ソニー坊や」の件で進展がありました。
先ほど、名城ビーチに問い合わせたのですが、単刀直入に「まだペンキがはげてボロボロの状態ですか?」と聞いた上で「是非、ペンキを塗らせて欲しいのですが、よろしいですか?」と申し出たところ、「いいですよ」と許可して下さいました!!!
「土日はプールを使うので、お客様の少ない時間帯に頃合いを見計らいながらやって下さいね」との事です。ありがとうございました、とお礼をしたのはいいのですが、電話で返事をして下さった方の名前を聞くのを忘れてしまいました...。
※電話は苦手だ

 
2003年9月14日 名城ビーチのソニー坊やをきれいにしてあげよう作戦 決行!!  

感動のドキュメントの詳細は、こちらをご覧下さい。

 

 
2003年11月4日 「沖縄スタイル」4ページ見開きコラムの打ち合わせで、担当者からの打診
 
はらへりさん、沖縄に現存するソニー坊やについてコラム書かない?
これね、沖縄の小ネタとして絶対に面白いと思うのよ。
※主任捜査官、当時よく飲みに行っていた店の常連仲間からイラストコラムの執筆依頼を受け、創刊号に寄稿した。主任捜査官の、最初で最後の全国誌での執筆。

 
2003年11月4日 かなりドキドキな主任捜査官  
捜査本部長〜!!
ソニー坊やがらみで、何だか不思議な展開です。
「紙面が空いたら」の話ではあるのですが、沖縄に現存するソニー坊やについてのプチコラムを「沖縄スタイル」に書いて欲しいと打診がありました。
早ければ創刊号(2004年1月)、遅くても2号(2004年4月)に載せたいとの事です。
先月中旬の話なのですが、打ち合わせ後に担当者の方と飲んだ時の事。
その飲み屋(写真事務所が経営)にはMac(iMac Grape)が置いてあって、そこにはYahoo!BBもつながっててちょうどいいや! という事で捜査本部長のサイトと「名城ビーチのソニー坊や復活大作戦」の一連のドキュメントを見せた事があったんです。そしたら担当者(東京出身)はもちろん、ソニー坊や分布図を提供してくれた Aさん(神戸出身)も「とっても楽しい〜♪」と喜んでくれて。そこから今回の話になりました。
原稿料はそんなに払えないけどね...とは言っていたのですが(恐縮)
捜査本部長、書く気はありませんでしょうか?
※この企画は、その後から全く音沙汰ナシ。それが良かったのか悪かったのかは判らない。

 
2003年11月5日 相変わらず多忙な日々を過ごしている捜査本部長からの報告
 
レキオの取材を受けたんだけど、取材が終わってソニー坊やの話題を振ったら、例の特集記事に対する読者からの情報が、後日談として紹介されているハズだそうで、その記事を探してくれるそうだ!

西原町役場も製糖工場から移転させるときに、いろいろ調べたらしくて詳しいらしいぞ。
 

 
2003年11月5日 捜査本部長の素朴なギモン
 
何故、西原のソニー坊やだけ首が長いわけ??
 

 
2003年11月6日 主任捜査官  
それは、西原町役場か、さわふじ通り会に聞けばわかるかもしれないね。 ※んーこれも私が確認しなくちゃいけないのかな?

 
2003年11月14日 鍋パーティーから帰宅後の捜査本部長からの報告
 
週刊レキオの例の後日談の記事(1988年8月5日)のコピーが届いていた。
当時、7体残っていて、そのひとつは、沖縄市北美小学校近くだったそうだ。
安慶名闘牛場にかなり近いところに、もう1体あったわけだ。
さらに、安慶名闘牛場近くの物件が、その記事の掲載された頃に、塗り直されたと紹介されている。モノクロの写真なので、色は不明だけど、胸のSONYのロゴがくっきり見えているので、そのときはまだ白く塗りつぶされた訳ではなさそうだ。

では引き続き、残る3体を探せ!!!
(泊、佐敷、泡瀬か?)
 

 
2004年1月1日 捜査本部長から、新年のご挨拶。
 
賀正〜!!今年も、捜査主任他、よろしく!
※こちらこそ...

 
2004年3月6日 突発捜査会議  
具志川のソニー坊やと野嵩のソニー坊や、どっちを先に再塗装する?野嵩のてっぺんハゲがとっても気になるのよね(笑)
 

 
2004年3月6日 主任捜査官をたしなめつつ指示を出す、捜査本部長
 

ハゲはともかく、具志川のソニー坊やは鼻が欠けてるぞ!
再塗装するなら早くしないと、時間がないぞ!!
梅雨入り前には済ませておかないと...

 

 
2004年3月25日 主任捜査官、意を決して具志川市役所に確認の電話。  

公園管理課につなげてもらうも、市役所でもどの部署が管理しているのかを完全に把握できていなかったらしく、後日返事してもらう事になった。
確認内容としては、下記の通り。

具志川の物件について具志川市役所の公園課に「県内に現存している5体を、友人知人たちときれいにペンキ塗りしています」と話した上で、問い合わせた内容は下記の通り。
1.市が管理しているのかどうか。
2.管理しているのであれば、ペンキ塗りの許可が欲しい。
詳細が判り次第、また改めて報告します。
早めにスケジュール調整しなくちゃね。

 

 

2004年3月26日 具志川市役所 市民生活課 田場課長より電話。

 
オリジナルの状態に戻すという趣旨で再塗装するのなら、市としても出来る限りの協力をします。
※やった!!

 
2004年3月26日 主任捜査官、捜査本部長に報告  

具志川のソニー坊やの件で、具志川市役所から正式に再塗装の許可が下りました!

 

 
2004年3月26日 主任捜査官から報告を受けた捜査本部長
 
よくやった!!エライ!じゃ、あとは任す!(ウソ!)
※をいをい(笑)

 
2004年4月18日 具志川のソニー坊やをオリジナルの状態に戻してあげよう! 作戦決行日  
そのドキュメントは、こちらをご覧下さい。  

 
2004年4月23日 主任捜査官、台北へ出張。  
台北出張ついでに、ソニー坊やがいるかどうか確認しに行ってきます〜。  

 
2004年4月23日 いるわけないだろ、と半分呆れている捜査本部長
 
もし台北にいるのが判ったら、台北特派員としてもうそのまま沖縄に帰ってこなくていいぞ!
※そんなー(泣)

 
2004年4月28日 主任捜査官の友達より情報
 
はらへりんこ〜、読谷高校の近くにあった様な? と会社の同僚が言ってたよ。
 

 
2004年4月29日 主任捜査官のお友達からの情報を受けて、突発捜査会議  
読谷高校からトリイステーションにかけての1本道って、小学校・中学校・高校があるし、トリイステーションとか象のオリ(正式名称は、楚辺通信施設)に向かう米軍兵がスピード出していそうじゃない?  

 
2004年4月29日 突発捜査会議で、捜査本部長
 

でもさぁ、なんかみんな記憶があやふやだよな。
あったような、なかったような...ってさ(笑)

 

 
2004年5月07日 仕事で主任捜査官の職場を訪れた友ちゃん  
はらへりんこ、それすっごく楽しいじゃん! 私も友ちゃん探検隊結成して協力するよ! ※ありがとう!(嬉)

 
2004年05月07日 友ちゃん、主任捜査官の職場を後にしてから携帯で速報  
はらへりんこ、もう1度、現存するソニー坊やの場所を教えて。
もしかしたら新しい情報かもしれない!
 

 
2004年05月07日 主任捜査官、大慌てで捜査本部長に速報。  
捜査本部長、現存5体じゃなくて6体かもしれない!!  

 
2004年05月07日 まだ出かけていなかった捜査本部長
 

場所はどの辺りなの? え? 読谷...残波岬の近くって?
今日から明後日まで山原に行くから、時間が取れたらその途中にでも寄ってみようかと思っているんだけど。

 

 
2004年05月08日 休日出勤な主任捜査官、仕事帰りに読谷へ。  
仕事帰りに残波岬に直行したのは良いけれど...途方に暮れていたところです(苦笑)
また新しい情報が入ってきたので、これから読谷村長浜〜恩納村山田まで走ってみます。
※えぇ、原付で...。

 
2004年05月09日 山原の山中から、捜査本部長
 

あれから成果はなかったって事?

※おっしゃる通りでございます(泣)

 
2004年5月9日 いてもたってもいられなくなった捜査本部長、友ちゃん探検隊と捜査ツアー。  

これから友ちゃんとマエダさんと嘉手納〜残派〜万座・ソニー坊や捜査ツアーに行って来ます。
蠍座3人組の報告を待っていて下さい!

 

 
2004年05月09日 山原の山中から辺土名に出てきた捜査本部長
 

で、どうなの? え?? 見つからない? まぁ、そんなもんだよ...。

※ごめんなさい。捜索中に食事するついでに酒盛り始めちゃいました...(苦笑)

 
2004年5月15日 主任捜査官、WaterMelonでドリアを食べている合間に報告。  
松本闘牛場についての記述がある著書を見つけました。
中村幸裕さん(RBC報道カメラマン。既に定年退職されているかな、現在61歳) の写真集「ヌジャン」の中で「闘牛」という項目があり、そのまえがきで山城つとめさんが、こんな風に書かれています。
#ヌジャン〜中村幸裕写真集 那覇出版社 刊 発行 1993年5月15日
「当時(1963年当時)、RBCの担当アナウンサーとして闘牛を取材していた頃、 松本闘牛場近くの知花に住んでいた」
#この写真集が出版された1993年当時、山城さんは沖縄タイムス社の闘牛担当通信員をされていたようです
また、その次のページの一番最初に掲載されている写真の解説には「1963年、美里村松本闘牛場」と書かれています。

そしたらここで調べなくちゃいけないのは、松本闘牛場が何年まで存在していたか。それと、ソニー坊やが立っていた正確な場所と時期って事よね。
※この日は、沖縄が本土に復帰して32年目の記念日でもあり、「ヌジャン」の発行日。この写真集は、戦後の沖縄を知る事の出来る素晴らしい記録写真集。

 
2004.07.03.加筆